クレジットカードの作り方を簡単に説明します

この記事を読むのに必要な時間は約2分25秒です。

スポンサーリンク

クレジットカードを作るためには審査が必要

クレジットカードを作るためには、各クレジットカード会社HPによるオンラインや郵送での申込書、または大手ショッピングモールや家電量販店などで不定期に行われている店頭キャンペーンなどによってクレジットカード審査への申込を行います。

そして、クレジットカード審査に合格すればクレジットカードが発行され、後日あなたの元に届けられる事になります。ただ、中にはクレジットカード審査で不合格になる人もおり、その場合にはクレジットカードを作ることは出来ません。

そのため、クレジットカードを作るためには、クレジットカード審査に合格出来るのか?がとても重要になってきます。

無職のクレジットカードの作り方について

クレジットカードは商品先買いの代金後払いになるため、毎月安定した収入が審査合格の申込条件となっており、毎月安定した収入が無い無職の場合、基本的に普通のクレジットカードは作れません。

ただ、家族カードであれば、家族カード申込者の収入状況は審査されずクレジットカード保有者本人(この場合家族の誰かがクレジットカードを保有している事が条件)の収入状況が審査対象になるため、本人の収入状況が良好であれば無職でも家族カードを作る事が出来ます。

スポンサーリンク

学生のクレジットカードの作り方について

学生でもクレジットカードを作る事は可能です。また、各クレジットカード会社では学生専用のクレジットカードも発行していますので、基本的に学生の場合にはそういったクレジットカードに申し込む事をお勧めします。

ただ、後述しますが、学生でも未成年の場合には親権者の同意が必須となっているため、クレジットカード審査に申し込む前に親権者の同意を得ておく必要があります。

未成年のクレジットカードの作り方について

クレジットカードは、満18歳以上でありクレジットカード審査に合格すれば作る事が出来ます。ただ、満18歳以上でも未成年の場合には親権者の同意が必須となっていますので、未成年者がクレジットカードを作る際には事前に親権者の同意を得た上で申し込んで下さい。

事前に同意を得ない上でクレジットカード審査に申し込んでしまうと、後日クレジットカード会社から親権者宛に申込確認の連絡が行った際に審査に申し込んだ事がバレるため注意が必要です。

高校生のクレジットカードの作り方について

先程も説明しましたが、満18歳以上であればクレジットカード審査に申し込む事が出来ます。ただ、満18歳以上でも高校生の場合には例え親権者の同意があったとしても審査への申込は出来ません。

ただ、海外への留学のため海外に長期間滞在するという理由であれば、一部のクレジットカードにおいて家族カードであれば対応しているケースがあるため、詳細は保有しているクレジットカード会社へお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク

金融について学ぶの最新記事8件