信用情報とは?

この記事を読むのに必要な時間は約2分48秒です。

信用情報は金融商品の利用状況を示した情報

信用情報とは、個人信用情報機関に登録されている、個人の各種金融商品の利用状況を示している情報になります。そして、この信用情報には、現在及び過去におけるクレジットカードやキャッシング、オートローンなどの契約情報や支払い情報、債務残高などの情報が登録されており、この情報を元に各種金融商品の審査が行われています。

そのため、この信用情報に良好な支払い情報(延滞が無くきちんと支払っている)が登録されていると審査では有利になりますが、延滞情報が登録されていると審査では不利になる可能性が高いため、これから各種金融商品の審査を考えている人は、信用情報に延滞情報が登録されていない事が望ましいです。

信用情報の開示請求について

信用情報の開示請求については、各個人信用情報機関へ指定の請求手数料を支払って行う事が出来ます。

 

合わせて読みたい

開示請求の権利があります個人信用情報機関に登録されている信用情報は、私たちがクレジットカードやキャッシング、住宅ローンなどの金融商品を利用する際にはかなり重要な役割を持っていますが、●どのような情報が登録されているのか?[…]

個人信用情報機関の開示

 

信用情報の登録期間について

個人信用情報機関に登録されている信用情報には、あらかじめ設定された登録期間があり、その期間が経過すると順次登録情報が削除されます。ちなみに、主な信用情報の登録期間ですが、

●各種申込情報→6ヶ月間
●各種支払い情報→5年間
●各種延滞情報→5年間

となっています。この中で、支払い情報や延滞情報については、各種金融商品の審査において重要な情報になるため、信用情報の登録内容に不安がある人は審査申込前に信用情報の開示請求を行った方が良いです。

ちなみに、各個人信用情報機関の信用情報の登録期間は下記のリンクから参照可能です。

 

CICが保有する信用情報について紹介します。CICは信用情報の収集・管理・提供・開示を通じて、皆様のクレジットライフをサ…

 

日本信用情報機構(JICC)は、信用情報の管理・提供を通じて、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える指定信用情報機関で…

※JICCについては、『信用情報について』→『登録内容と登録期間』にて確認する事が出来ます。

 

一般社団法人 全国銀行協会

[全国銀行個人信用情報センターとは] 全国銀行個人信用情報センター(以下「センター」といいます。)は、消費者信用の円滑化…

 

信用情報の回復は可能なのか?

信用情報の回復→信用情報の金融事故(延滞)情報の削除になると思われますが、基本的に信用情報の登録が事実であれば削除する事は出来ません。そのため、信用情報を回復するためには、金融事故情報の登録期間が経過するまで待つ必要があります。

それと、支払いの遅延による事故情報が登録されている場合には、まずはその原因となった支払いをきちんと返済する事で信用情報の回復が可能です。この支払いを完済しないといつまでも延滞情報が登録されたままなので注意が必要です。

ただ、信用情報に登録されている情報に、身に覚えのない間違った情報や、すでに登録期間が過ぎているにも関わらず事故情報が登録されていた場合などについては、その信用情報を登録した金融機関に削除依頼を行う事によって信用情報から削除する事が可能です。

金融について学ぶの最新記事8件