家族カードとは?

この記事を読むのに必要な時間は約2分41秒です。

家族カードは本会員の家族が持てるカード

クレジットカードには家族カードがあり、この家族カードはクレジットカードの本会員の家族だけが持つ事の出来るクレジットカードとなっており、基本的に通常のクレジットカードと同じ使い方が出来ます。

ただ、その利用限度額については、カード本会員の利用限度額の範囲内となっており、家族カードには家族カードのみ利用可能な利用限度額があるという事では無いため、そこには注意する必要があります。

例えば、クレジットカード本会員の利用限度額が50万円の場合、この本会員のカードと家族カードの利用金額の合計が50万円を超えることは出来ません。そのため、家族カードを使う場合には、本会員と良く相談の上利用する必要があります。

家族の範囲について

家族の範囲(定義)にはいくつかありますが、ことクレジットカードにおける家族カードの範囲については、

●クレジットカード本会員と生計を同一にしている配偶者や両親、または満18歳以上の子供

となっています。もっとも、これは各クレジットカードによって微妙に異なっているケースがあるため、家族範囲の詳細については各クレジットカード会社に問い合わせてみて下さい。

また、満18歳以上と言っても高校生の場合には、通常のクレジットカードと同様で家族カードの対象外になります。

 

合わせて読みたい

クレジットカードを作るためには審査が必要クレジットカードを作るためには、各クレジットカード会社HPによるオンラインや郵送での申込書、または大手ショッピングモールや家電量販店などで不定期に行われている店頭キャンペーンなどによってクレジット[…]

クレジットカードの作り方

 

家族カードの審査は?

家族カードの支払いは、クレジットカード本会員が行うため、基本的に家族カード申込者の審査はありません。そのため、カード本会員の属性情報や信用情報に何も問題が無ければ問題なく家族カードが発行される事になります。

家族カードの名義について

家族カードの名義については、家族カードの申込を行った人の名義になります。というのも、家族カードの名義がクレジットカード本会員の名義になってしまったら、カード利用の際の本人確認が出来ませんよね?

例えば、カード本会員が夫で家族カード利用者が妻だった場合、家族カードの名義人が夫=男性名義の家族カードを女性が使う事になり、そもそもこれはクレジットカードの会員規約に違反するため、名義は家族カード申込者本人の名義になります。

家族カードの暗証番号はどうなる?

家族カードの暗証番号については、家族カード申込書に記載した番号が使われます。つまり、申込者が自由に暗証番号を設定する事が出来ます。家族カードはクレジットカード本会員のカードに付帯サービスとして提供されていますが、その暗証番号は本会員とは別のもので設定する事が出来ます。

家族カードの受け取り方法は?

クレジットカード会社によって、カード本会員の簡単な審査が行われ、家族カード発行について特に問題がなければ、後日カード会社から家族カード申込者へ本人限定郵便にて家族カードが送られてきます。

そのため、家族カードの受け取りについては、基本的に家族カード申込者が受け取る事になります。

金融について学ぶの最新記事8件