アフィリエイト報酬とは?

この記事を読むのに必要な時間は約3分25秒です。

アフィリエイト報酬とは、自分のサイトやブログ、または各種SNSでアフィリエイト広告を掲載して、そこから発生した売り上げに対して一定の割合で受け取る事が出来る報酬の事です。

そして、現在日本国内でアフィリエイト報酬が発生する主なものとしては、

●クリック課金型広告
●成果報酬型広告
●掲載型広告

などがあり、それぞれに特徴がありますが、どの種類でアフィリエイトを行っても成果報酬は発生します。

ただ、それぞれの広告種類によっては、成果報酬の内容やアフィリエイトの難易度が異なっているため、まずはどの種類のアフィリエイトを行うのか?または複数の種類でアフィリエイトを行うのか?など、事前にアフィリエイト戦略を練る必要があります。

種類によってアフィリエイト報酬に差が出ます

クリック課金型広告や成果報酬型広告、さらには掲載型広告にしてもそうですが、これらの広告種類によってその単価が異なっているため、トータルで稼げるアフィリエイト報酬にもかなり差が出てくる可能性があります。

特に、クリック課金型広告に関しては、1クリックあたりの報酬単価が数円や数十円程度のものが多くなっているため、他の広告と比べその単価はかなり低くなっているのが現状です。

 

合わせて読みたい

アフィリエイト広告にもいくつか種類があるように、アフィリエイトの方法にもいくつか種類があるため、アフィリエイトを行う場合には、自分にとって最適な、そして取り組みやすいアフィリエイトを選択して実行する必要があります。アフィリエイトの種類は[…]

アフィリエイトの種類

 

クリック課金型広告とは

その名の通り、1クリックで報酬が発生するアフィリエイト広告になります。そのため、訪問者がサイト内に表示されているクリック課金型広告をクリックすると、サイト運営者にアフィリエイト報酬が発生します。

ただ、クリック課金型広告は、1クリック当たりの報酬金額が低く、1クリック当たり数円から数十円程度となっているため、この広告で稼ぐためにはサイトにかなり多くのアクセスを集める必要があるため、SEOによる検索での上位表示が重要になってきます。

ちなみに、クリック課金型広告にもいくつか種類がありますが、Googleアドセンス以外の広告では中々思うような成果を挙げる事は難しくなっています。そのため、この広告ではGoogleアドセンス広告の一強状態になっています。

成果報酬型広告とは

先程のクリック課金型広告では、サイト訪問者が広告をクリックすれば運営者にアフィリエイト報酬が発生しましたが、この成果報酬型広告ではサイト訪問者が広告をクリックしただけでは報酬は発生しません。

サイト内の広告をクリックして後に、商品購入やサービス申込など何らかのアクションを起こして初めて運営者にアフィリエイト報酬が発生する仕組みとなっています。

 

そのため、成果報酬型広告はクリック課金型広告に比べ難易度が高くなっていますが、その分1件当たりの報酬金額が数百円~中には1万円以上のものまであるようにその報酬金額は高くなっています。

また、広告に合った訪問者をピンポイントで集める事が出来れば報酬が発生しやすくなるため、クリック課金型広告よりも少ないアクセスでも報酬が発生します。

掲載型広告とは

あまり聞き慣れていないかも知れませんが、この掲載型広告とはサイト運営者に広告主から

●うちの広告を掲載してくれませんか?

という依頼が来て初めて広告を掲載する事が出来る、いわばサイト運営者と広告主との専属契約みたいな広告になります。(ASPを介す場合あり)

 

そして、ただ単にサイトを運営しているというだけでは、広告主からの依頼が来ることはありません。他のサイトと比べ有益な情報が投稿されておりそれなりにアクセスが見込まれるサイトであることが必須となります。

そのため、難易度は今回解説した広告の中で一番高くなりますが、広告主から直接の依頼という事で他の広告と比べアフィリエイト報酬が高額になるケースがほとんどです。

副業について学ぶの最新記事8件