アドセンス審査とは?

この記事を読むのに必要な時間は約3分7秒です。

スポンサーリンク

アドセンス広告を掲載するために必要な審査です

Googleアドセンス審査は、Googleアドセンスが審査への申請があったサイトやブログの中身を確認して、そのサイトやブログがアドセンス広告を掲載するの適しているのか?を判断するための審査です。

そのため、アドセンス広告を自分のサイトやブログに掲載するためには避けて通る事が出来ない審査となっており、審査に通るためには自分の経験や知識を元にした、訪問者にとって分かりやすくためになる記事を投稿する必要があります。

また、2020年に流行している新型コロナウィルスの影響にり、在宅副業のためアドセンス審査への申請数が激増している現状を踏まえて、このコロナ以降はさらに審査が厳しくなっているため、訪問者目線のオリジナル記事が審査合格には必須となっています。

アドセンス審査に必要な記事数について

以前、インターネット上では、

●アドセンス審査に合格するためには20記事以上は必要

という内容のサイトやブログを良く見かけていましたが、現在のアドセンス審査では、記事数よりも記事の内容が重視されているため、正直なところ20記事も必要ないです。

逆に言えば、現在では記事の内容が良ければ少数の記事数でも審査合格が狙える状況であり、実際に記事数5記事や7記事程度でもアドセンス審査に合格している事例が多数報告されています。

スポンサーリンク

アドセンス審査に必要なアクセス数はどのくらい?

アドセンス広告=アクセスが無いと訪問者が無い=広告がクリックされないため、インターネット上では、アドセンス審査ではブログにある程度のアクセスが必要という意見がありますが、実は

●アクセス数=0

でも審査に合格する事が可能です。というか、実際に新規ドメインでブログを立ち上げてから約2週間程度で、ブログへのアクセス数が0という状況にも関わらず、アドセンス審査に合格した事例があります。

また、これ以外にもブログへのアクセス数0で数件アドセンス審査に合格した事例もあるため、それほどアクセス数にこだわる必要はありません。

アドセンス審査で必要なカテゴリー数は?

アドセンス審査では、出来るだけカテゴリー数を絞って1カテゴリーあたりの記事数を増やす事によって、

●価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない

という不合格判定を防ぐ事が可能です。(あくまでもカテゴリーに関してのみです)そのため、基本的には1カテゴリーあたりの記事数を3~5記事程度にしておく必要があります。例えば、ブログ内の記事数が5記事であればカテゴリー数は1~2という事になります。

アドセンス審査の期間について

アドセンス審査の期間については、その時審査申込件数によって異なるため、正確な審査期間については分かっていません。そのため、最短であれば申請日当日に審査結果が届きますが、最長では1ヶ月程度審査結果が届かないケースもあります。

ただ、経験上は審査申請後3日~1週間程度が最も多くなっていますので、アドセンス審査の期間としてはこの程度と考えておいて問題はありません。

アドセンス審査に通らない場合には?

当記事執筆段階では、アドセンス審査は厳しくなってきているため、審査申請したからと言っても合格するとは限りません。そのため、審査に通らない場合もありますが、審査に通らなかった場合には

●投稿されている記事の内容
●お問い合わせやサイトマップ、プライバシーポリシーやプロフィールがあるのか?

の確認を行う必要があります。特に、記事の内容についてはあまりネット上では書かれていない、自分の経験に基づいたオリジナルの記事である必要があります。

スポンサーリンク

副業について学ぶの最新記事8件