週末婚とは?その意味を解説

この記事を読むのに必要な時間は約2分49秒です。

その名の通り、週末のみ夫婦で生活を共にして、それ以外の平日は夫婦別に生活する事です。

週末のみ夫婦の時間を共有して、それ以外の時間は夫婦お互いに自分の自由な時間を持つ事が出来るため、ストレスなく夫婦生活を送る事が可能です。

元々は、1999年にテレビドラマで週末婚が放映されてから注目されていた新しい夫婦のあり方ですが、近年この週末婚は再注目されています。

週末婚の意味

週末婚では、平日はお互い自分の仕事や自由な時間を過ごします。そして、週末になったら夫、または妻の居住している場所に行き、夫婦の時間を過ごす事によって夫婦お互いの絆を深め合う事が可能です。

もっとも、近年では夫婦共働きの世帯が多くなっている現状を踏まえると、平日は夫婦お互いが自分の時間を有意義に過ごせる=独身時代と何ら変わらない生活が出来る週末婚は、ある意味合理的なライフスタイルと言えます。

週末婚の生活費について

週末婚における生活費についてですが、これは夫婦別々に管理しているケースが多数を占めています。というのも、平日はお互い別居しており、お互いの住まいでは

●電気・ガス・水道

などの公共料金の支払いが発生する事になりますが、これをどちらかがまとめて管理するとなると、管理している側の負担が大きくなってしまい、これでは何のための週末婚なのか?が分からなくなってしまうためです。

 

そして、どちらかが管理しており、万が一公共料金の支払いを滞納してしまった場合には、夫婦間で揉めてしまう可能性があります。

それであれば、公共料金の支払いは夫婦別々に管理した方がその責任はすべて自分に掛かってくるため、ある意味気が楽になると共に、支払いの件でもめ事が起こらないというメリットもあります。

また、これと同様で、毎月の食費についても夫婦別々で管理した方が良いでしょう。

週末婚と子供について

週末婚で生活している夫婦の中には子供が欲しいという夫婦はいると思います。もっとも、中には子供は要らないという夫婦もいると思いますので、そういった夫婦にとっては週末婚は向いていると思います。

ただ、週末婚生活において子供が出来た場合、

●どのように子育てを行って行ったらよいのか?

について悩む人は結構多いと思います。何故なら、子供が出来た場合には、

●夫か妻のどちらで子育てを行うのか?
●子育て費用はどちらが負担するのか?

など、いくつかの問題が出てくるからです。

 

そこで、週末婚で子育てを行う場合には、子育ての環境についてあらかじめ夫婦間にて相談しておく必要があります。

●近くに保育所や託児所があるのか?
●実家に子供を預ける事が出来るのか?
●子育て費用の負担割合は?

などなど、あらかじめこれらの懸念材料について話し合っておけば、いざ子育てが始まったとしても大きなトラブルは起こらない事でしょう。

 

ただ、子育てについては、夫婦どちらで育てるにしても子育てしている方に大きな負担が掛かってくる可能性があり、そのためストレスを溜めてしまう事も考えられます。

そのため、このストレスをどのように解消していくのか?についても週末婚における子育ての重要な課題と言えます。

生活について学ぶの最新記事8件