週末婚のメリットやデメリット

この記事を読むのに必要な時間は約2分56秒です。

スポンサーリンク

週末婚のメリット

夫婦の新しい形の週末婚ですが、良い事(メリット)もあれば悪い事(デメリット)もあります。

そのため、うまく週末婚で生活するためには、いかにメリットを享受してデメリットでの負担を抑える事が出来るのか?がカギを握っているといっても過言ではありません。

夫婦お互いが自由な時間を持てる

週末婚では、週末のみ夫婦の時間を過ごしますので、週末以外の平日は夫または妻それぞれが自由な時間を持つ事が出来ます。

自由な時間を持てるという事は、夫婦お互いが相手の事を気にする事無く自分の好きな事に時間を費やす事が出来るため、伸び伸びと生活する事が出来ます。

スポンサーリンク

平日はストレスフリーな生活が出来る

夫婦で毎日生活していると、段々と相手の悪いところが見えてくるため、それによってストレスが溜まってくる可能性があります。

ただ、週末婚であれば平日は相手がいないため、相手にストレスを感じることなく生活する事が可能です。

あまりストレスを溜めてしまうと、夫婦喧嘩の原因になってしまうため、このストレスフリーな生活は週末婚の魅力でもあります。

転職・退職せず仕事が続けられる

結婚して居住地が変更になった場合には、今まで勤務していた会社を退職しなければならないケースがあり、そうなってしまうと今まで勤務してきたキャリアを失ってしまいます。

ただ、週末婚であれば、結婚しても現在勤務している会社を退職せずに仕事を続ける事が出来るため、仕事上のキャリアを失う事がありません。

財布を別にする事が出来る

週末婚では、平日はお互いの生活があるため基本的に財布(お金)は別になりますので、自分で稼いだお金は基本的に自由に使う事が可能です。

もっとも、あらかじめ夫婦間においてお金のやりくり方法を決めておけばこの限りではありません。

ちなみに、将来への蓄えや子育て費用など、結婚生活において今後必要となってくるであろう資金についてはあらかじめ話し合っておく必要があります。

スポンサーリンク

週末婚のデメリット

週末婚ではこのデメリットをうまく受け流す事が出来るのか?によって、その後の夫婦生活がうまく行くのか?行かないのか?の分かれ目になってきます。

余計な出費が増える

平日は別居状態になるため、電気・ガス・水道などの公共料金はもちろん、家賃や食費なども2重に掛かってきます。

また、週末の移動手段によっては交通費も掛かるため、通常の結婚生活と比べ余計な出費が増えてしまいます。

スポンサーリンク

夫婦間のコミュニケーションが不足する

週末のみの夫婦生活の場合、夫婦で一緒に生活する時間が短いため、自然とコミュニケーション不足になります。

そして、コミュニケーション不足が深刻になると夫婦間のすれ違いが起きる可能性があり、結果離婚の可能性が高くなるため注意が必要です。

相手の生活が管理できない

週末はともかく、平日はお互い自由に過ごす事が出来るため、

●相手の浮気
●相手のギャンブル
●相手の借金

などなど、相手の生活を管理する事が難しくなります。その結果、これらの事が相手にバレてしまうと即離婚となるケースもあるため注意が必要です。

離婚に対するハードルが低い

週末婚では、普段から自分のお金は自分で管理しているため、例え離婚しても経済的な不安はほとんどありません。

つまり、週末婚では金銭面において相手に依存している事が無いため、離婚に対するハードルはかなり低くなります。

スポンサーリンク

生活について学ぶの最新記事8件