ヤフオクの情報カテゴリー

ヤフオク悪徳情報商材の見極め方

ヤフオクには情報カテゴリーがあります

ヤフオクの情報カテゴリーヤフオク(ヤフーオークション)と言えば、現在日本国内においては最大規模のオークションサイトになります。最大規模になるため、それこそ日用品からゲーム、車、各種商品券など、色々な商品が取引されています。

そんなヤフオクですが、実は情報カテゴリーという情報を扱うカテゴリーがあり、この情報カテゴリーではお金儲け情報から競馬、競艇、オンラインカジノ情報など、各種情報が取引されています。

 

ただ、この情報カテゴリーですが、実はその大半が怪しい情報だと言われており、実際に購入された人からかなりの苦情が出ているようです。もっとも、情報はその中身を見るまではどのような内容になっているのか?が分からないため、基本的にそれを判断するためには情報販売ページや販売者に直接質問する以外に方法はありません。

しかし、いざ勇気を出して購入した情報が、全く使えない情報だったらとてもじゃないけどやりきれないですよね?そこで、今回の記事ではヤフオクで販売されている悪徳情報商材の見極め方について説明します。

 

スポンサーリンク


ヤフオク悪徳情報商材の見極め方

ここからは、過去に何度かヤフオクで悪徳情報商材を購入した経験を持つ私が、ヤフオクで販売されている悪徳情報商材について、その見極め方を説明していきます。この見極め方を覚えておけば100%ではないにしろ今後ヤフオクで悪徳情報商材を購入する事は少なくなる事でしょう。

 

直近に具体的な評価が多数入っている

ヤフオクでは、商品購入後にその商品取引について評価出来るシステムがあり、購入者は商品(情報)内容も含めた取引内容に関して『非常に良い』『良い』『どちらでもない』『悪い』『非常に悪い』の5つの評価を付ける事が可能です。

そして、この評価を付ける際に一言コメントを入れる事が出来ますが、各商品の評価コメント欄を見る限り大抵の場合この一言コメントって定型文で入れている人が多いです。恐らくあなたもそうでは無いでしょうか?

その理由は、定型文が簡単だから。それはそうですよね?余程購入した情報の内容が良くなければ、具体的な評価コメントを考える事が面倒臭くなるため、大抵の購入者は定型文で済ませてしまいます。

 

ただ、悪徳情報商材の場合には、直近の評価コメントにやたらと具体的なコメントが多数書いてあるのです。それも、『非常に良い』という評価とともにです。何故なら、情報を購入しようとしている人は、情報の内容が見れないため評価コメントの内容を重視しているからです。

購入者が情報の評価コメントを重視しているのであれば、評価コメントに具体的な良いコメントが並んでいればこの情報は大丈夫だと思い購入してくれる可能性が高くなりますよね?

そのため、悪徳情報商材の販売者はサブ垢を使ったり知人に依頼する、または購入者に依頼して良い評価を入れてくれたらキャッシュバックを行うなど、一言で言えば自作自演の評価を入れているのです。

 

[char no=”6″ char=”聖さん”]評価欄のコメントから出品者が自作自演を行っている可能性を探る事が可能です。[/char]

 

ちなみに、私は過去にキャッシュバックするから良い評価を入れてという依頼を受けた事があります。もちろん、情報の内容が全く使えないものだったので丁重にお断りさせていただきましたけど。

つまり、こういった不自然な評価コメントが並んでいる情報商材=悪徳の可能性が高いため、絶対に購入しないようにして下さい。

 

入札履歴で落札者ではなく最高額入札者が多い

ヤフオクで情報商材を購入(即決)すると、入札履歴のところに『落札者』と表示されますが、ただの入札の場合には『最高額入札者』と表示され、即決しない限りはそのまま表示され続ける事になります。

もっとも、この最高額落札者が自演ではなく本当の入社者であれば問題ありませんが、中には最高額入札者のまま出品終了まで居座り、出品終了後に入札取り消しを行っている出品者がいるのです。

というのも、ヤフオクにはオプション料金を支払う事によって検索上位に表示される『注目のオークション』というシステムがありますが、現在のシステムでは入札金額の上位3つの情報しか上位表示されなくなってしまったのです。

 

ヤフオク情報商材は怪しいただ、ヤフオクのシステムでは、私の検証の結果、商品の入札件数とウォッチリストの件数が多ければ多いほど検索上位に表示される確率が高くなっています。つまり、注目のオークションでの入札金額が低くても入札件数とウォッチリストの件数が多ければ検索上位に表示されてしまうのです。

そして、検索上位に表示された方がアクセスが多くなる=情報が売れる可能性が高くなるため、悪徳情報商材の販売者は自演のアカウントを使って自演の入札や自演のウォッチリストの件数を増やしているのです。

こうする事によって、オプション料金の負担を増やすことなく検索上位に表示される可能性が高くなりますから。そのため、入札履歴の中に最高額入札者が多い情報商材には注意が必要です。

 

入札取り消しの履歴は過去の商品情報で確認可能

購入を考えている情報商材の入札履歴の中に、最高額入札者が複数いた場合には、過去の同商品の入札履歴を確認する事によって、過去にも入札取り消しが頻繁に行われていたのか?を確認する事が可能です。

情報商材は一度作成してしまえば、あとは売れるたびに情報PDFを購入者に送信するだけなので、何度も再出品を繰り返している可能性が高いです。そのため、過去に出品されていた商品はオークションの落札履歴で検索すればすぐに見つかります。

 

ヤフオク外取引は論外

情報商材の中には、販売ページの中に外部リンクを貼っており、決済は外部で行うように促しているものがありますが、そもそもヤフオク外での取引はヤフオクの規約違反になるため絶対に行わないようにして下さい。

ちなみに、何故ヤフオク外での取引を促しているのか?というと、評価を入れさせないようにしているためです。ヤフオク内での取引の場合には、購入者が取引終了後に出品者を評価する事が可能ですが、ヤフオク外での取引では当然ですが購入者が出品者を評価する事が出来ません。

そのため、悪徳情報商材を販売している出品者は、販売後に悪い評価を入れさせないためにヤフオク外での取引を促しているのです。悪い評価が入ってしまうと情報商材が売れなくなってしまいますからね。

 

[char no=”6″ char=”聖さん”]ヤフオク外での取引はヤフオクの規約違反になるため、問題が起きたとしても補償の対象外になります。[/char]

新規での出品者には注意が必要です

新規の人で情報商材を販売している人にも注意が必要です。というのも、悪徳情報商材を販売している人は、あまりに悪い評価が付いてしまうとそのアカウントは捨てて、新規でアカウントを取り直して再出品しているためです。

新規で再出品すれば以前の悪い評価は分からないため、再度商材が売れる可能性があるのです。そのため、新規での情報商材の販売者には十分注意して下さい。

 

過去の成績を教えない商材は要注意

これは特に、競馬や競輪、競艇やブックメーカー関連の情報商材に対して有効になりますが、過去の成績(結果)について質問する事をお勧めします。というのも、こういったギャンブル系の商材は対象となるレースや試合などがあるため、その結果を知る事によって今後の成績予測を立てる事が出来るからです。

そのため、過去の成績についてきちんと回答してくれて成績も良い商材であればある程度信頼する事が可能です。逆に、何かと理由を付けて成績を回答してくれない商材には注意が必要です。

私の経験上、過去の成績を教えてくれない=成績が悪いケースがほとんどになりますので、そういった商材には絶対に手を出してはいけません。情報商材だから中身は教えられないなどといって成績を教えない商材は論外です。中身は教えられなくても成績くらいは教えられますから。

 

迷った時にはしたらば掲示板で確認する

ここまで説明してきた点を抑えておけば、ヤフオクの情報カテゴリーで悪徳情報商材を購入する確率は低くなると思いますが、中には購入を最後まで迷ってしまう事があるかも知れません。そんな時には、ヤフオク情報商材の内容についての交流場所でもある『したらば掲示板』を確認してみて下さい。

 

したらば掲示板(ヤフオク情報)

 

このしたらば掲示板では、現在及び過去において販売されていたヤフオク情報カテゴリーの情報内容の交流が行われているため、ひょっとしたらあなたが購入を検討している情報の内容があるかも知れません。

また、目的の情報が無ければ、新規でスレを立てて質問してみて下さい。その情報を購入した事がある人が見たら返答が来る可能性があります。もっとも、最近は少し荒れ気味ですが、中にはきちんと返答してくれる人もいますよ。

 

ヤフオクの情報カテゴリー
最新情報をチェックしよう!
広告

オークションの最新記事8件