Fetch as Googleのインデックススピード

Fetch as Googleのインデックススピードを計測してみました

Fetch as Googleはインデックスを促進するツール

Fetch as Googleのインデックススピードサイトやブログに検索からのアクセスを増やすためには、検索エンジンに記事をインデックスさせる必要があり、そのためにはGoogle先生に記事更新の通知を知らせるGoogle XML Sitemapsを利用している人が多いと思います。

ですが、以前当ブログで説明したGoogle Search ConsoleのFetch as Googleを使えば、過去の経験上Google XML Sitemapsよりも早くインデックスされる事を確認しています。(Google XML SitemapsのみだったものをFetch as Googleを使うようになってからインデックススピードが早くなりました)

 

Google Search ConsoleのFetch as Googleとは

関連記事

Fetch as Googleはインデックスを即すツール 今回の記事では、Google Search Consoleの機能の中の1つ、『Fetch as Google』について説明しますね。このFetch as Googleですが、簡単に言[…]

Fetch as Googleの利用方法

 

もっとも、このFetch as GoogleではGoogle先生になかば強制的に『今すぐURLをインデックスしてね』とお願いするものなので、インデックススピードが早いのもうなづけます。

ただ、実際にFetch as Googleを使った場合、Google先生に投稿記事がインデックスされるまでに掛かる時間はどのくらいなのか?については、Google XML Sitemapsよりも早かったとしか記憶になかったので、今回インデックスにかかる時間はどのくらいなのか?について調査してみました。

 

広告

Fetch as Googleの調査に使ったサイトは3つ

今回Fetch as Googleのインデックススピード計測のために使ったサイトは3つあり、それぞれ記事投稿数や検索順位などの違いがあります。もっとも、いくつかのサイトを比較してみないと記事数や検索順位=サイト規模の違いによるインデックススピードの違いが分からないため、計測自体にあまり意味はない可能性がありますから。

そこで、Fetch as Googleによるインデックススピードの計測方法ですが、Fetch as GoogleでインデックスするURLを送信してからGoogle先生での登録が確認出来るまでの時間(site:コマンドによる確認)を計測しました。それでは、各パターン別のインデックススピードの計測結果について下記に記載しておきますね。

Fetch as Googleパターン1

●記事投稿数→223記事

●検索順位→某金融系キーワードで1枚目に表示

●月間PV→約15,000

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん
このパターンのインデックススピードは何と18秒でした。

Fetch as Googleパターン2

●記事投稿数→102記事

●検索順位→某金融系キーワードで1枚目に表示

●月間PV→約2,000

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん
このパターンのインデックススピードは41秒でした。

Fetch as Googleパターン3

●記事投稿数→49記事

●検索順位→未確認

●月間PV→約500

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん
このパターンのインデックススピードは・・・・・・・・・・4分13秒でした。

 

Fetch as Googleは月間PV数による?

これは恐らく誰もが予想していたと思いますが、今回のFetch as Googleによるインデックススピードの計測結果は、記事投稿数&月間PV数が一番多いサイトが早く、記事投稿数&月間PV数が一番少ないサイトが遅くなるという結果になりました。

もっとも、今回の比較では3つのサイトのみだったので、サンプルが少なく全てのサイトが同じような結果になるとは限りません。ただ、記事投稿数&月間PV数が多いサイトと言うのはそれだけGoogle先生に重要なサイトだと認識されている可能性が高いため、優先的にクローラーが回ってくる=インデックススピードが早くなるのかも知れませんね。

そのため、このFetch as Googleによるインデックススピードの早さ=Google先生からの重要度を確認するための1つの指標と捉える事が出来そうです。ちなみに、パターン3のブログは当ブログです。

 

広告
Fetch as Googleのインデックススピード
最新情報をチェックしよう!
広告