Fetch as Googleの利用方法

Google Search ConsoleのFetch as Google使ってますか?

Fetch as Googleはインデックスを即すツール

今回の記事では、Google Search Consoleの機能の中の1つ、『Fetch as Google』について説明しますね。このFetch as Googleですが、簡単に言えばこれはGoogle先生に『お願いだからこのURLを早くインデックスしてね!』とお願いするツールになります。

GoogleやYahoo!検索(エンジン)から自分のサイトやブログに訪問者を集めるためには、検索順位もさることながらGoogleやYahoo!検索(今はYahoo!検索もGoogleを使っています)にインデックスされる必要があります。

 

というのも、GoogleやYahoo!検索にインデックスされていないサイトやURLは当然の事ながら検索結果には表示されません。表示されないため、検索者はそのサイトやURLを探す事が出来ない=自分のサイトやブログに検索流入を期待する事が出来ないのです。

そのため、GoogleやYahoo!検索からの流入を増やすためには、まずはGoogleやYahoo!検索にインデックスさせる事が重要になるんですね。そのためのツールが、今回説明するFetch as Googleになります。

 

広告

WordPressではプラグインによる更新通知は可能

今やブロガーの間では大人気のWordpressですが、このWordpressではサイトや記事の更新があった場合、『Google XML Sitemaps』などのプラグインによってGoogle先生に『サイトを更新したから通知するよ!インデックスしてね~』と、自サイトの更新通知を送る事が可能です。

ただ、このGoogle XML Sitemapsでは自サイトの更新通知を送信するだけで、実際に記事がインデックスされるまでにはある程度の時間が必要になります。(検索ボリュームの多いサイトの場合にはすぐにインデックスされる場合あり)

そして、せっかく記事を更新したにも関わらず記事のインデックスが遅くなってしまうと、新鮮な記事がインデックスされた時にはすでに古い情報になっている可能性があり、これは特にトレンドブログを運営している人にとっては死活問題になってしまうのです。

強制的にインデックスを即した方が早くインデックスされます

そのため、更新した記事のインデックスをなかば強制的に即すツールがFetch as Googleになり、このFetch as Googleを使う事によってGoogle XML Sitemapsを使うよりも早くGoogle先生にインデックスさせることが可能になります。(あくまでインデックスさせる事が可能であって必ずインデックスされるとは限らない)

ですので、特にトレンドブログを運営している人は、このFetch as Googleツールを使ってGoogle先生にインデックスを即して下さい。

 

Fetch as Googleの使い方

ここからは、Google Search Consoleの機能の1つ、Fetch as Googleの使い方について画像を用いて説明していきますね。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん
Fetch as Googleの使い方について実際の画像を参考に説明します。

 

①『Google Search Console』にログインして『Fetch as Google』をクリック。

Fetch as Google

 

②『Fetch as Google』画面に移りますので、下記画面赤枠内にインデックスさせたい記事のURLを貼り付けて『取得』をクリック。例えば、記事のURLが『https://netdekasegu.biz/wordpresstheme/』だった場合には、『wordpresstheme/』を貼り付けて下さい。

Fetch as Google

 

③『インデックス登録をリクエスト』をクリック。

Fetch as Google

 

④『私はロボットではありません』にチェックを入れて、『このURLのみをクロールする』(基本的にはこちらでOK)を選択して『送信』をクリック。

Fetch as Google

 

⑤ステータス横の表示が『インデックス登録をリクエスト済み』に変わればOK。

Fetch as Google

 

ここまでの作業によって、自サイトの記事更新をGoogle先生にいち早く伝える事が出来ます。

 

新Google Search ConsoleにはFetch as Googleツールが無い?

今まで説明してきたFetch as Googleツールの使い方は、旧Google Search Consoleのものであり、新Google Search Consoleの管理画面ではFetch as Googleツールを見つける事が出来ません。そのため、Fetch as Googleツールを使う人は新Google Search Consoleでなく旧Google Search Consoleを使っている人が多いようです。

ただ、実はFetch as Googleという名称が出ていないだけであって、新Google Search ConsoleでもGoogle先生に記事更新をいち早く伝える方法がありますので説明しますね。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん
新Google Search Consoleでのインデックス促進について説明します。

 

①新Google Search Console内上部にある『http・・・』内のすべてのURLを検査にインデックスさせたいURLを貼り付けます。※画面左上部の対象のサイトURLも確認。

Fetch as Google

 

②『URLがGoogleに登録されていません』と表示されたら、そのURLはインデックスされていないため『インデックス登録をリクエスト』をクリックすればOK。

Fetch as Googleと

 

ここまでの作業によって、新Google Search Consoleでも自サイトの記事更新をGoogle先生にいち早く伝える事が出来ます。ちなみに、すでにURLがインデックスに登録済みの場合には、下記の画面が表示されます。

 

広告
Fetch as Googleの利用方法
最新情報をチェックしよう!
広告