アドセンス審査

アドセンス審査は厳しくなりましたよね?

近年のアドセンス審査は厳しくなっています

アドセンス審査私がアドセンス審査に申請した当時は、無料ブログ+日記ブログ5記事程度で審査に合格していたGoogleアドセンスですが、近年ではその敷居が結構高くなっています。特に昨年あたりからはその傾向が強く、現在は無料ブログで申請すると申請エラーになってしまうため、無料ブログでの申請は出来ません。

また、日記のような記事も同様で、例え申請出来たとしても審査に通る事はほぼ不可能となっており、昔通用していた手法が現在では使えなくなっています。

 

もっとも、Googleとしてもアドセンス広告を出すからには広告主の売り上げにつながるサイトやブログに出したいため、年々審査が厳しくなっている事も当たり前と言えます。

そのため、まだアドセンス審査に合格していない人は、まずはアドセンスのご利用要件を満たすために、アドセンスのプログラムポリシーを確認する必要があります。このプログラムポリシーを満たしていないと、アドセンス審査に入る前に悲しいお知らせが届くため、このアドセンスポリシーはとても重要になります。

 

スポンサーリンク


アドセンスプログラムポリシーとは?

アドセンスプログラムポリシーですが、その項目は多岐に渡っており、また自分の目でしっかりと確認する必要がありますので、ここではあえてその詳細についての説明はしません。アドセンスプログラムポリシーについては、下記のリンク先でご確認下さい。

 

AdSense プログラム ポリシー

 

アドセンス審査では状況に応じて通知が来ます

アドセンス審査に申請後、合格すればめでたくアドセンス広告を自分のブログに貼る事が出来ますが、不合格の場合にはGoogleから不合格通知が届きます。(中々届かないケースもあり)

そして、この不合格通知にはアドセンス審査に通らなかった理由について、とても大雑把に書かれているため、自分のブログのどこが原因なのか?がはっきり言って分からない事が多いです。ただ、不合格通知の内容によって、大雑把ですがどの部分の修正が必要なのか?が分かります。

 

ご利用要件を満たしていない

この通知が来たという事は、アドセンス審査を行う前の段階、つまり審査を行うに値しないサイトまたはブログと判断されています。いわゆる門前払いの状態となっています。そのため、この通知が来たらGoogleアドセンスへの参加条件をきちんと満たしているのか?について確認する必要があります。

 

AdSense への参加要件

 

不十分なコンテンツ

不十分なコンテンツとは、その名の通りサイトまたはブログの記事数が少ない、記事数があっても文字数が少ない、記事のオリジナル性が無い、記事数の少ないカテゴリーがあるなど、アドセンス広告を掲載するに値しないサイトやブログと判断されています。

そのため、審査不合格の理由が不十分なコンテンツの場合には、コンテンツ量(記事数や文字数)を増やす、オリジナルコンテンツを増やす、1カテゴリーに分類される記事数を増やすなど、サイトやブログ全体のボリュームアップを図る必要があります。

 

また、記事の書き方についても、1行の文字数が少ない、改行が多いなどの理由でコンテンツ不足と判断される可能性があるため、なるべく2~3行程度での改行を心掛けた方が良いです。

さらにもう1つ、カテゴリーページやお問い合わせページ(設置していた場合)には、これらのページの説明文もしっかり記載してから審査への申し込みを行うようにして下さい。何故ならこれらのページも審査対象になっているからです。

特に、カテゴリーページの説明文を十分に書いていないサイトやブログが多いのですが、審査の際には十分な説明文を記載するようにしましょう。

 

Googleのポリシーに準拠していないサイト

アドセンス審査の不合格理由の中で最も厄介なのが、このポリシーに準拠してないサイトになります。だってそれは、範囲が大き過ぎてどこが原因なのか?の具体的な絞り込みが困難になるためです。

そのため、アドセンス審査でポリシー違反が原因で不合格になった場合には、

 

●著作権の侵害は無いのか?
●タイトルと記事内容の照合性は大丈夫か?
●自己満足な記事になっていないか?
●再度アドセンスのプログラムポリシーをチェック
●医療や法律など特定分野に関する記載があるのか?

 

など、自分のサイトやブログを一通りチェックし直す必要があります。はっきりとした原因が特定出来ないのであれば、再度自分のサイトやブログをチェックし直す事も致し方ありません。

 

基本は訪問者にとって有益な記事内容となっているのか?

結局のところ、アドセンス審査に合格するためには訪問者にとって有益な記事(情報)を提供しているのか?に尽きます。もちろん、サイトやブログの見やすさや扱いやすさ、さらには読みやすさなども重要ですが、訪問者が記事を読んですぐに立ち去るようなサイトやブログでは審査に通る事は難しいのです。

そのため、アドセンス審査を受けようとしているサイトやブログの記事を書く際には、訪問者がこの記事を読んでどう思うのか?訪問者の疑問に対してきちんと答えを出しているのか?などの事を考えながら書くようにして下さい。決して、自己満足の記事になってはいけません。

 

アドセンス審査
最新情報をチェックしよう!
広告