クレジットカード

途上与信と法定途上与信によって限度額が増減されます

途上与信と法定途上与信

クレジットカード利用限度額の増減は与信によって行われます

途上与信と法定途上与信クレジットカードには利用限度額があり、私たちはこの利用限度額の範囲内でカードの利用を行う事が出来ます。ただ、この利用限度額はいつまでも同じというものではなく、ある日突然増額または減額されてしまう事があります。

そして、この増額や減額が行われるのはクレジットカード会社がある事を行っている時になりますが、この事を金融業界では『途上与信』または『法定途上与信』と呼んでおり、この与信が行われるという事は、今後顧客に対して何らかの処置が行われる可能性がある事を意味しています。

 

もっとも、これら与信の結果によっては特に何も起こらない可能性もありますが、そもそも与信を行う事自体何らかの意図がありますので、この与信の結果顧客の利用限度額が増額または減額されるケースが多々あるようです。

ですので、私たちクレジットカード利用者は、この与信において利用限度額の増額はともかく減額されると困ってしまう人が多くいると思いますので、あらかじめこの与信について理解しておく必要があるため今回の記事で説明しますね。

 

[adcode]

[outline]

途上与信とは?

この途上与信ですが、その名の通り途上=クレジットカードの有効期限の途中で、与信=顧客の信用状況を調査する事になり、いつ途上与信が行われるのか?については法律によって決められている訳ではありません。

つまり、この途上与信では各クレジットカード会社が不定期に現在自社顧客のカードの利用状況を調査して、何らかの問題があるのか無いのか?の判断を行っているのです。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん
途上与信は不定期に行われている与信です。

 

そして、現在顧客が自社及び他社において延滞が起こっている、またはカードの利用限度額一杯まで使っており自転車操業状態などのネガティブな情報が見つかった場合には、クレジットカードの利用限度額が減額される可能性があります。

そのため、現在クレジットカードを利用している人は、毎月計画的な利用を心掛けて必ず支払い日にはしっかりと返済を行う必要があるのです。もっとも、毎月延滞する事なく支払う事はクレジットカード利用者の義務となっていますので、これはごく当たり前と言えます。

 

ちなみに、これとは逆に毎月適度の利用があり、なおかつ毎月の支払いに延滞が無いなど、顧客の利用状況がすこぶる良好な場合には、カードの利用限度額が増額される可能性があります。

ですので、今後クレジットカード利用限度額の増額を考えている人は、年収はもちろん毎月の支払いも延滞する事なく返済しておいた方が良いです。

 

法定途上与信とは?

先程の途上与信は、クレジットカード会社を含めた金融会社が不定期に自社顧客の利用状況を調査している与信になりますが、この法定途上与信はきちんと法律によって定められている与信になります。

法律によって与信を行わなければならない条件が決まっていますので、顧客がその条件に合致した際には必ずこの法定途上与信を行わなければならないところが、法定途上与信との最大の違いになっています。そこで、この法定途上与信を行わなければならない条件ですが、下記の2つがあります。

 

■包括契約の場合には、1ヶ月の貸付金額が5万円以上でなおかつ貸付残高が10万円以上の場合
■貸付が全く無いという月があったとしても貸付残高が10万円以上残っている場合には3ヶ月ごとに途上与信を行うこと

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん
包括契約とは、あらかじめ決められた範囲内で自由にお金を借りる事が出来る契約のこと。

 

この条件を見ていただければ分かりますが、消費者金融のキャッシングはもちろんクレジットカードのキャッシング枠も包括契約になるため、カードキャッシングで1ヶ月5万円以上の借入があり残高が10万円以上になると法定途上与信が行われる事になります。

さらに、カードキャッシングの残高が10万円以上残っていると、3ヶ月に1度法定途上与信が行われますので、現在カードキャッシングの残高が10万円以上残っている人は早めに10万円以下に抑えないと法定途上与信が行われる事になります。

 

与信では信用情報も調査されます

途上与信、法定途上与信では、個人信用情報機関に登録されている信用情報も調査対象になっているため、現在他社金融商品で利用限度額一杯まで使っている、または数ヶ月の延滞がある人は注意が必要です。

というのも、与信の結果こういったネガティブな情報が出てくると、かなりの確率でクレジットカードの利用限度額が減額されてしまうからです。

 

もっとも、こういった毎月の利用状況に余裕のない人は、クレジットカード会社から見れば今後の自社金融商品の支払いにも少なからず影響が出てくる可能性が高いと思われてしまうため、限度額が減額されてしまう事は仕方ありません。

そのため、カード利用限度額の減額を阻止したいのであれば、カードを使い過ぎず利用代金の支払いを延滞しない事が必須になってきます。

 

[adcode]

ABOUT ME
ぽんちゃん
はじめまして、ぽんちゃんです。田舎に住むブロガーで本雑記ブログ以外に複数の特化ブログを運営しています。金融スペシャリストにてクレジットカード系は得意としています。本雑記ブログでは私の知識や経験を活かし色々なジャンルの役立つ情報を提供していきます。