クレジットカード

審査に通らない人は信用情報開示請求が必須です

信用情報の開示請求

クレジットカード審査に通らないのには理由がある

信用情報の開示請求普段の生活ではもちろんのこと、ネットビジネスを行うにあたっても役に立つクレジットカードですが、誰でもカードを持てるという訳ではありません。カードを持つためには審査に通る必要があり、この審査には100%が無いため通ると思っていても通らない人がいるのです。

そのため、現在審査に通らなくて困っている人は何かしらの対策を行ってから再度審査に申し込む事になりますが、対策の要点として自分の年齢や年収、勤続年数などの属性情報や個人信用情報機関に登録されている信用情報の確認が必要になります。

 

ただ、自分の属性情報はすぐ分かるため審査において何が足りないのか?についてはすぐに分かりますが、信用情報については信用情報の開示請求を行わない限りは決して分かる事はありません。

そこで、信用情報の中身を確認するためには個人信用情報機関へ信用情報の開示請求を行う必要がありますが、この開示請求を行うにあたってはいくつかの注意点があるため今回の記事で説明しますね。

 

[adcode]

[outline]

念のため信用情報の開示請求は全ての信用情報機関へ行う

現在、日本には3つの個人信用情報機関がありますが、この信用情報の開示請求では念のため全ての個人信用情報機関へ行う事をお勧めします。

 

3つの個人信用情報機関はこちら

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://netdekasegu.biz/kinyukanren/creditcard/kojinsinyokikanitiran/]

 

この理由としては、全ての信用情報の登録内容を知る事によって、現在の自分の立ち位置(信用情報にどのような情報が登録されているのか?)の確認が出来る事と、何か間違った情報が登録されていないか?のチェックを行う事が出来るためです。

信用情報には、加盟金融会社が自社顧客の金融情報を登録する事になりますが、ごく稀に事実とは異なった情報が登録されている場合があるのです。例えば、

 

延滞をしていないのに延滞が登録されていた
登録期限が過ぎているのにまだ事故情報が登録されていた

 

という事が起こりうるのです。もっとも、信用情報に各種情報を登録しているのは金融会社の担当社員になるため、ごく稀にこういった事実とは異なっている情報が登録されている事がありますが、この状況を放置していてはいつまで経ってもクレジットカード審査に通る事はありません。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん
金融会社の社員も人間なのでごく稀にミスをする事もあります。

 

そのため、審査に通らない人は信用情報の開示請求を行い、現在の事故情報が削除されるのはいつなのか?間違った情報が登録されていないか?などの確認を行う必要があるのです。

 

各種情報の登録期間はこうなっています

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://netdekasegu.biz/kinyukanren/creditcard/kojinsinyoido/]

 

間違った情報の削除依頼は登録した金融会社へ行う

信用情報開示請求の結果、事実とは異なっている情報が登録されていた場合には、個人信用情報機関ではなくその情報を登録した金融会社へ行って下さい。というのも、個人信用情報機関では信用情報の管理は行っているものの、金融会社が登録した信用情報の訂正や削除等の権限は持っていないためです。

もっとも、個人信用情報機関では顧客の審査は行っていませんので、信用情報の内容が正しいのか否か?について判断することは出来ません。そのため、信用情報の訂正や削除などの権限がない事はごく当たり前と言えます。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん
事実と異なっている情報は早めに削除依頼を行って下さい。

 

信用情報開示報告書の見方

個人信用情報機関へ信用情報の開示請求を行いその結果が送付されてきたら、その登録内容を精査して今後のクレジットカード審査へ役立てる必要があります。そのためには、開示報告書のどこに注意する必要があるのか?について分かっていないといけません。そこで、ここでは信用情報開示報告書の見方について説明します。

 

CICの信用情報開示報告書の見方はこちら

まずは、CICの信用情報開示報告書の見方を確認して下さい。

 

CICの信用情報開示報告書の見方

 

そこで、CICの信用情報開示報告書で見るべきポイントですが、

●返済状況
●入金状況

これらの2ヶ所となっており、『返済状況』に異動が登録されている場合には、ほぼ間違いなく審査に通りません。また、入金状況に『A』や『P』記号が複数あるとクレジットカードによっては審査に通らないケースがあるため注意が必要です。

 

返済状況の見方はこちら

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://netdekasegu.biz/kinyukanren/creditcard/crehisttoha/]

 

JICCの信用情報開示報告書の見方はこちら

まずは、JICCの信用情報記録開示書の見方を確認して下さい。

 

JICCの信用情報記録開示書の見方

 

そして、JICCの信用情報記録開示書には複数のファイルに分かれていますが、クレジットカード審査に悪影響を及ぼしてくる項目は

●信用情報記録開示書(ファイルD)→異参サ内容、異参サ発生日
●信用情報記録開示書(ファイルM)→支払遅延の有無情報・注意情報

これら2ヶ所となっており、ここに何らかの情報が登録されていると審査に通らない可能性が高くなるため注意が必要です。

 

KSCの信用情報開示報告書の見方はこちら

まずは、KSCの信用情報記録開示書の見方を確認して下さい。

 

KSCの登録情報開示報告書の見方

 

そこで、KSCの信用情報開示報告書で見るべきポイントは

●返済区分
●完了区分

となっており、返済区分に延滞、または完了区分に代位弁済や保証履行、強制回収などの情報が登録されていると、クレジットカード審査に通らない可能性が非常に高くなるため注意が必要です。

 

信用情報に事故情報が登録されている場合には削除されるのを待つ

クレジットカード審査では、基本的に信用情報に事故情報が登録されている限りは審査に通る事は難しくなっています。ただ、信用情報に登録されている各種情報には登録期間が設定されているため、その登録期間が過ぎて事故情報が削除されれば審査に通る可能性が出てくるのです。

そのため、現在信用情報に事故情報が登録されており、それが影響して審査に通らないのであれば、まずは信用情報から事故情報が削除されたのを確認してから審査への申し込みを行って下さい。クレジットカード審査では焦っても良い事はありませんので、時には待つ事も必要になってきますから。

 

[adcode]

ABOUT ME
ぽんちゃん
はじめまして、ぽんちゃんです。田舎に住むブロガーで本雑記ブログ以外に複数の特化ブログを運営しています。金融スペシャリストにてクレジットカード系は得意としています。本雑記ブログでは私の知識や経験を活かし色々なジャンルの役立つ情報を提供していきます。