クレジットカード

個人信用情報機関の登録情報と異動には要注意

個人信用情報機関の登録情報

信用情報とクレジットカード審査は密接な関係

個人信用情報機関の登録情報クレジットカードを作るためには避けて通る事が出来ない個人信用情報機関に登録されている信用情報になりますが、この信用情報には顧客の住所や氏名、電話番号から運転免許証番号の他に、現在契約中の金融商品及びその支払い状況、過去の金融事故の有無など、多種多様な情報が登録されています。

そして、信用情報に登録されているこれらの情報は、審査の際にはどれも無視する事が出来ず全ての情報が審査対象となっていますが、あまり金融業界に詳しくないという人は、信用情報の具体的な登録情報が分からないという人もいる事でしょう。

 

そこで、今回の記事では個人信用情報に登録されている信用情報には、どのような内容の情報が登録されているのか?について説明していきます。この信用情報の登録情報の内容を知る事によって今後の審査対策が見えてきますので、今後クレジットカード審査への申し込みを予定されている人は是非頭の中に入れておいて下さいね。

 

[quads id=1]

信用情報の登録情報の詳細はこちら

ここからは、現在日本にある『CIC、JICC、KSC』それぞれの個人信用情報機関の信用情報の登録情報について、その内容と登録期間の詳細を説明していきます。もっとも、個人信用情報機関なので、基本的に同じような情報が登録されていますが、各機関によって呼び方が微妙に異なっていますので、ここでは3機関別の登録情報について説明します。

 

CICの登録情報及び登録期間

 

[char no=”8″ char=”聖さん”]CICの信用情報に登録されている内容とその登録期間は下記の通りです。[/char]

登録内容の詳細 登録期間
申込情報 クレジットやローンの新規申込みにおける支払い能力を調査するため、CIC加盟会員が照会した事実を表す情報について

■ご本人を識別するための情報には下記のものがあります
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等

■お申込み内容に関する情報には下記のものがあります
照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名など

照会日より6ヶ月間
クレジット情報 CIC加盟会員と締結した契約の内容や支払状況を表す情報について

■ご本人を識別するための情報には下記のものがあります
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号など

■ご契約内容に関する情報には下記のものがあります
契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名など

■お支払状況に関する情報には下記のものがあります
報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況など

■割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報には下記のものがあります
割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無など

■貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報には下記のものがあります
確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無など

契約期間中および契約終了後5年以内
利用記録 クレジットやローンの利用途上における支払い能力を調査するなどのため、加盟会員が照会した事実を表す記録について

■ご本人を識別するための情報には下記のものがあります
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など

■利用した事実に関する情報には下記のものがあります
利用日、利用目的、利用会社名など

利用日より6ヶ月間

 

JICCの登録情報及び登録期間

 

[char no=”8″ char=”聖さん”]JICCの信用情報に登録されている内容とその登録期間は下記の通りです。[/char]

登録内容の詳細 登録期間
本人を特定するための情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号などの情報 契約内容に関する情報等が登録されている期間
契約内容に関する情報 登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額などの情報 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等の情報 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡などの情報 当該事実の発生日から5年を超えない期間
(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)
申込みに関する情報 本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別などの情報 申込日から6ヵ月を超えない期間

 

KSCの登録情報及び登録期間

 

[char no=”8″ char=”聖さん”]KSCの信用情報に登録されている内容とその登録期間は下記の通りです。[/char]

登録内容の詳細 登録期間
本人を特定するための情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号などの情報 契約内容に関する情報等が登録されている期間
取引情報 ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況(入金の有無、延滞・代位弁済・強制回収手続等の事実を含む)の履歴について 契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間
照会記録情報 会員がセンターを利用した日、ローンやクレジットカード等の申込み・契約の内容などの情報 当該利用日から、本人開示の対象は1年を超えない期間、会員への提供は6か月を超えない期間
不渡情報 手形交換所の第1回目不渡、取引停止処分などの情報 第1回目不渡は当該発生日から6か月を超えない期間、取引停止処分は当該処分日から5年を超えない期間
官報情報 官報に公告された破産・民事再生手続開始決定などの情報 当該決定日から10年を超えない期間
本人申告情報 本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名別人の情報がセンターに登録されており自分と間違えられるおそれがある旨等のご本人からの申告内容について 登録日から5年を超えない期間

 

信用情報に異動が登録されていると審査に通りません

ここまで、各個人信用情報機関の信用情報に登録されている信用情報の内容について説明してきました。そして、これらの情報は全てクレジットカード審査に影響を与える情報となっていますので、審査に通らない人は信用情報に何らかの原因がある可能性が高くなります。

ただ、クレジットカード会社によっては、軽微な延滞情報であればごく稀に審査に通る事もあるため、実際に審査に通るか否か?については申し込んでみないと分かりません。しかし、この信用情報に異動(CIC)が登録されていると、ほぼ100%審査に通らないため注意が必要になります。

 

何故CICに異動が登録されていると審査に通らないのか?

この異動ですが、61日以上または3ヶ月以上延滞が続いている場合、CICの信用情報に登録されるものです。そして、CICの信用情報に『異動』が登録されていた場合には、ほぼ間違いなくクレジットカード審査には通りません。

何故なら、61日以上または3ヶ月以上の延滞なんて、普通に考えればありえない事であり、これだけの期間延滞しているという事は少なからず現在の生活環境が良くない=お金のやりくりに困窮している事が手に取るように分かってしまうからです。異動=重大な延滞になるため、審査に通らないというのもごく当たり前です。

 

クレジットカード会社としては、顧客が返済に困窮して債務不履行になる事を何が何でも防ぐ必要がありますので、こうした過去に重大な延滞を起こしている人は審査の段階で落とすしかないのです。

そのため、現在CICの信用情報に『異動』が登録されている人は、この異動が信用情報から削除されるまで待ってからクレジットカード審査への申し込みを行う必要があります。

 

ABOUT ME
ぽんちゃん
はじめまして、ぽんちゃんです。田舎に住むブロガーで本雑記ブログ以外に複数の特化ブログを運営しています。金融スペシャリストにてクレジットカード系は得意としています。本雑記ブログでは私の知識や経験を活かし色々なジャンルの役立つ情報を提供していきます。