クレジットカード審査に通らない理由

クレジットカードが欲しいけど審査に通りません

クレジットカードを持つためには審査がある

クレジットカード審査に通らない理由現在のクレジットカード社会においては、カード1枚あればかなり快適な生活を送る事が可能です。もっとも、カードの使い過ぎによる債務超過に陥る人もいますので、毎月計画的な利用が出来る人限定ですけど。

その事はいったん置いといて、ネットショップを含めた加盟店舗でキャッシュレスでのお買い物が出来るクレジットカードがあれば、財布の中に多額の現金を持ち歩く必要が無いため、セキュリティ面でも安全になります。

 

ただ、いくらクレジットカードが欲しいからと言っても、必ず誰でも持つ事が出来るのか?と聞かれればその答えは『NO』です。その理由は、誰もが同じ勤務先や年収、他社借入では無いから。

つまり、クレジットカードが欲しいという人の中には、審査に通らない人が一定数存在しているのも現在のクレジットカードの現状なんですね。それでは、何故審査に通らないのか?について今回の記事で説明しますね。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査に通らない人には理由がある

はい、ごく当たり前の見出し使ってしまいましたが、審査に通らない人には何かしらの理由というか原因があるのです。だって、審査に落ちる理由が無ければ審査に通過=クレジットカードが発行されているはずですから。

もっとも、この理由には大小さまざまなものがあって、クレジットカード審査を受けるカード会社によってはごく稀に審査に通る事があります。ただ、これは本当に小さな理由のみの限定であって、基本的には考えられる理由を全て突き止めて現状から改善しない限り、その後何度カード審査に申し込んだとしても審査に通りません。

これは、過去の私の経験上でもそうでしたし、過去にクレジットカード審査に通らない人に対して行ってきたコンサルの経験上間違いありません。つまり、現在審査に通らない人は、その原因を突き止めて改善を行えば今後審査に通る可能性が格段に上がるという事なんですね。

 

そこで、ここからは何故クレジットカード審査に通らないのか?その理由について1つずつ説明していきますので、もしあなたに心当たりがあれば、今後改善する事によって審査に通る可能性が高くなりますよ。

 

クレジットカード審査に通らない理由の一覧

 

[char no=”8″ char=”聖さん”]クレジットカード審査に通らない理由を下記一覧にまとめてみました。[/char]
クレジットカード審査に通らない理由
信用情報の入金状況欄に不備がある 信用情報とは、個人信用情報機関に登録されている金融商品利用者の現在及び過去における金融商品の利用状況が登録されている情報になりますが、この入金状況欄に不備=延滞情報が登録されていると審査に通らない可能性があります。

ちなみに、この信用情報の閲覧には個人信用情報機関へ信用情報の開示請求を行う事によってどのような情報が登録されているのか?について確認する事が出来ます。

 

信用情報開示報告書の見方(CIC)

 

そして、信用情報の開示請求を行うと個人信用情報機関から開示報告書が送付されてきますが、この開示報告書の一番下に『入金状況欄』があり、ここに『P』や『A』マークが複数登録されていると、クレジットカード審査に通らない可能性が高くなります。

※『P』請求額の一部が入金された、『A』お客様の都合により入金が無かった(未入金)

短期間に色々と申し込んでいる 短期間=信用情報に申込情報が登録されている期間=6ヶ月間になりますが、この間クレジットカードやキャッシングなどの金融商品への申込情報が信用情報に複数登録されていると審査に通らない可能性があります。

この理由としては、クレジットカード会社から申込者が現在お金に困っており、クレジットカードやキャッシングの利用によってお金を調達しようとしていると思われるためです。

もっとも、普通に考えても短期間に複数も金融商品に申し込んでいる事自体怪しさ全開なので、短期間での複数申し込みは控えた方が良いです。

審査基準を下回っている クレジットカード会社では、自社顧客としてふさわしいのか?否か?を判断するために年収や勤続年数などに一定の審査基準を設定しており、申込者がこの審査基準を下回っている場合にはクレジットカード審査に通らない可能性が高いです。
信用情報に重大な事故情報が登録されている この理由が一番クレジットカード審査に通らない可能性が高くなりますが、信用情報に重大な延滞(61日以上または3ヶ月以上の延滞)や自己破産、債務整理などの重大な金融事故情報が登録されていると、99.9%審査で落ちる事になります。

何故なら、過去にこういった重大な金融事故を起こしていると、今後も金融事故を起こす可能性が高いからです。そのため、信用情報に重大な事故情報が登録されている人は、信用情報からこの情報が削除されるまで審査への申し込みは控えるべきです。

 

[char no=”6″ char=”聖さん”]クレジットカード審査に通らない理由をまとめましたが、下に行けば行くほど審査に通らない可能性が高くなるため注意が必要です。[/char]

クレジットカード審査に通らない人は待つという選択肢も必要

ここまで説明してきましたが、審査に通らない人には何かしらの理由(原因)があるため、これらの原因を取り除かない限りは今後クレジットカードを持つ事は難しいと言わざるを得ません。

もっとも、クレジットカード会社によって微妙に審査基準が異なっているため、過去にAカード会社の審査には落ちたがBカード会社の審査には通ったという事例もあります。

 

ただ、大抵の場合にはこれらの原因がある限り審査に通る事は難しいため、これらの原因を取り除くまでは審査への申し込みは控える=少し時間を置く事も選択肢としては十分ありです。

それに、審査に通らないにも関わらず次から次へと審査に申し込んでしまうと、事態は悪化するばかりなので辞めた方が良いです。審査に通らない時には焦らず騒がずに待っていれば時間が解決してくれますから。

 

クレジットカード審査に通らない理由
最新情報をチェックしよう!
広告