クレジットカード

クレジットカード審査が遅い理由には4つあります

クレジットカード審査が遅い理由

クレジットカード審査が遅いのは何故?

クレジットカード審査が遅い理由大抵のクレジットカードでは、自社サイト内に審査結果~カード発行までの期間が1週間や10日間などと記載されています。(記載されていなければサポートダイヤルに連絡すれば教えてくれる場合有り)

そして、クレジットカードが欲しい人は、その期間を参考にして審査への申し込みを行っていますが、中にはこの審査期間よりも時間が掛かっている=審査が遅い人がいるのです。

もっとも、審査への申し込みを行う人の属性や信用情報には多少なりとも違いがあるため、全ての申込者に対して同じ審査内容になるとは限らないため、申込者によって審査が遅くなることは十分考えられます。

 

ただ、自分の審査に何故時間が掛かっているのか?についてその理由が分からないと、審査結果が出るまでやきもきしてしまう可能性があるため、今回の記事ではカード審査が遅い理由について解説します。

 

[quads id=1]

クレジットカード審査が遅いのには理由があるのです

ここからは、何故クレジットカード審査が遅いのか?、その考えられる4つの理由について解説していきます。審査が遅くなっているのにはきちんとした理由があるのです。

 

信用情報に軽微な延滞情報の登録がある

●軽微な延滞情報だと即審査落ちにならない可能性あり
基本的に信用情報に重大な延滞や債務整理などの金融事故情報が登録されていると、間違いなくその時点で審査終了→審査に落ちる事になります。

ただ、1~2ヶ月程度の延滞のような比較的軽微な延滞情報が登録されていた場合には、延滞していた時期にもよりますがクレジットカードによって詳細な審査が入る可能性があり、その結果審査が遅くなる場合があります。

 

申込書の住所と信用情報の住所との相違がある

●住所変更をしていない場合には審査が遅くなる可能性有り
信用情報には、顧客の住所や氏名、電話番号や運転免許証番号など本人を確定させるための情報が登録されています。ただ、住所や電話番号の変更があったにも関わらず、クレジットカード会社へ住所や電話番号などの変更届を提出していない場合には、信用情報に登録されている情報は以前のまま更新される事はありません。

そんな時に、別のカード会社の審査に申し込んだ場合には、信用情報に登録されている住所や電話番号とは異なっているため、審査が遅くなる可能性があります。

 

審査申込者の属性や信用情報が微妙なラインにある

●審査基準を満たしていないと審査が遅い原因になります
クレジットカード会社では、自社の審査基準を設定しており、基本的にこの審査基準を満たしている人からの申し込みがあれば審査に通る事になります。

ただ、中には居住年数や勤続年数が10ヶ月、年収が190万など微妙なラインにいる人からの申し込みがあった場合には、さらに詳細な審査が行われるため、結果審査が遅くなる可能性がありま。

 

キャンペーンなどにより審査申込者が多い

●クレジットカード会社では不定期でキャンペーンを行っています
これは全てのカード会社で行われている事ではありませんが、一部のカード会社では不定期でキャンペーンを行っています。良くあるキャンペーンとしては、新規入会で5,000ポイント付与というように、通常付与されるポイントよりも多くのポイントを付与してより多くの顧客を獲得しようとしています。

そして、こういったキャンペーンの時には、通常時よりも審査申込件数が増える可能性があるため、結果審査が遅くなる可能性があります。

 

[char no=”6″ char=”聖さん”]クレジットカード審査が遅い理由にはこのように4つの理由があるのです。[/char]

クレジットカード審査が遅くならないためにすべきこと

ここまで解説してきましたが、クレジットカード審査が遅いのには必ず理由があります。そして、その理由を解消する事が出来なければ、申し込むクレジットカードにもよりまずが審査が遅いままとなってしまいます。

そのため、1日でも早く審査結果を知りたいという人は、審査申込前に準備が必要になります。そこで、ここからは審査申込前に必要な準備について解説しますので、早い審査結果を求める人は是非参考にして下さい。

 

即日審査のクレジットカードに申し込む

この即日審査とは、その名の通り審査申込日に即日で審査を行っているクレジットカードになります。もっとも、審査申込時間によっては翌日になりますが、審査申込日の午前中に申込を行えば申込者に何かしらの問題が無ければその日の内に審査結果が出ます。

そして、クレジットカードによっては近くの店舗や無人契約機などでその日の内にカードを発行してもらう事が可能です。

 

自分の属性や信用情報を整える

自分の属性や信用情報がクレジットカードの審査基準を満たしていない、または満たしている項目と微妙なラインに居る項目がある場合には審査が遅くなる可能性があります。

例えば、居住年数や勤続年数が10ヶ月程度、年収が200万円に少し足りないなど、審査基準にあと少しという人は、もう少し時間を置いて状況が改善できるのであれば、もう少し期間を置いてからの審査申込がお勧めです。

 

クレジットカード審査で抑えるべき基準はこちら

 ぽんちゃん@田舎生活ブロガー
ぽんちゃん@田舎生活ブロガー
脱サラしてからはや10数年。 今は田舎で毎日オンライン上で仕事が完結出来る環境。ネットビジネス全般におけるスキル多数あり不労所得ブログも複数所有。 競馬歴25年で週末になると各シーンで馬券術を使い分けながら安定した的中率と回収率を維持。 ココナラやって…

 

もっとも、こういった微妙なラインに居る場合でも、他の属性や信用情報が良好であれば審査に通る事は可能です。ただ、微妙なラインに居る=審査に時間が掛かるし審査に落ちる可能性もあります。

そして、審査に落ちてしまうとその情報が信用情報に登録されるため、今後の審査へ少なからず影響を及ぼしますので注意が必要です。

 

キャンペーン時の審査申込は避ける

クレジットカード会社が何かしらのキャンペーンを行っている時には多数の申し込みが予想されるため、キャンペーン特典に魅力を感じない場合にはキャンペーンが終わってからの申し込みをお勧めします。

もっとも、キャンペーンの特典内容(大抵の場合は新規入会でポイントアップ)が魅力的であり、多少審査が遅くなっても良いというのであればこの限りではありません。

 

ABOUT ME
ぽんちゃん
はじめまして、ぽんちゃんです。田舎に住むブロガーで本雑記ブログ以外に複数の特化ブログを運営しています。金融スペシャリストにてクレジットカード系は得意としています。本雑記ブログでは私の知識や経験を活かし色々なジャンルの役立つ情報を提供していきます。