気になるメールの検証

【重要】d アカウントの2段階認証設定、パスワードの適切な管理のお願いは本物?偽物?

d アカウントの2段階認証設定

d アカウントの2段階認証設定のメールについて

d アカウントの2段階認証設定本日、私のメール受信箱に下記の題名にてメールが届きました。

【重要】d アカウントの2段階認証設定、パスワードの適切な管理のお願い

 

いきなり【重要】となっているので目立ちますし、またdアカウントも保有しているため、気になったのネット上で色々検索してみた結果、私以外の人にもこの題名にてSMSや通常メールなどで送信されている模様です。

そして、近年の迷惑メールの多さから、このメールを受け取った人からは、『このメールは本物なのか?』『docomoとは契約がないはずだけど何故自分のところに?』『迷惑メールでは?』などと、このメールに対して混乱している人がかなりいるようです。

 

そこで、今回の記事ではdocomoから送信された(らしい)このメールが、果たして本当のメールなのか?それとも迷惑メールでフィッシングを行うためのメールなのか?について説明しますね。

 

[adcode]

[outline]

実際にdocomoから届いたメールはこちら

先程はこのメールのタイトルのみ記載しましたが、ここではdocomoから私の受信箱に届いたメールの前文を記載しますね。

【ドコモからの重要なお知らせ】
第三者が利用者のIDやパスワードを不正に入手し、Webサービスにログインを試みる事例が発生しております。
不正ログイン対策として、2段階認証のご利用とパスワードの適正な管理をお願いいたします。
下記、dアカウントのサイトより、詳細ご確認ください。

[IDおよびパスワードの取り扱いに関するご注意とお願い]
https://id.smt.docomo.ne.jp/src/utility/noticepassword.html?gmtk201801

この本文を読む限り、何となく本物のような気がしますが、今や本物に似せた迷惑メールが後を絶たない現状では、にわかに信じる事が出来ないという人がいるのも事実ですよね。

 

docomo担当者がtwitterで回答しています

今回受信したメールについて、ネット上で色々と調べていたら、docomo公式twitterにて担当者が回答していました。

 


この回答を見る限り、今回受信したメールは迷惑メールではなく正式にdocomoからdアカウント保有者に向けて送信されたものと分かりますね。ちなみに、先程のメールに記載されたURLをクリックすると下記のページに飛びます。

 

docomoメール

 

auやsoftbankユーザーでもdアカウントは作れます

このdアカウントはdocomoが発行しているアカウントになるため、auやsoftbankユーザーの人から見れば、私には関係ないと思っているかも知れません。ただ、このdアカウントは何もauやsoftbankユーザーでも簡単に作る事が出来るのです。

実際に私もdocomoユーザーではありませんが、何故かdアカウントを2つも持っています。もっとも、このdアカウントはdocomoが提供している各種サービスにおいて利用する事が可能となっていますので、何もdocomoの携帯ユーザーだけが持っているという訳ではないのです。

そのため、docomoの携帯ユーザー以外にもこのメールが届く可能性がありますが、その場合には落ち着いて対処する事をお勧めします。

 

ぽんちゃん
ぽんちゃん
基本的にdアカウントは誰でも作る事が可能です。

 

今後同じ文章での偽メールが送信されてくる恐れあり

今回のメールは、docomoから送信された信頼のおけるメールだという事が判明しましたが、今後はこのメール本文はそのままに、リンク先URLを変更した迷惑メール(フィッシングメール)が送信されてくる可能性があるため、注意が必要です。

もっとも、近年のフィッシングメールは、まるで本物のように作られた本文の中にフィッシングサイトへ誘導するURLを埋め込んでいるものがほとんどなので、一見すると本物か偽物かの区別がつかない可能性があります。

そのため、こういったフィッシングメールの可能性がある場合には、まずはメールのタイトルでネット検索を掛ける事が必須になります。そして、間違ってもメール本文中のリンクはクリックしない事が重要になります。

 

[adcode]

ABOUT ME
ぽんちゃん
はじめまして、ぽんちゃんです。田舎に住むブロガーで本雑記ブログ以外に複数の特化ブログを運営しています。金融スペシャリストにてクレジットカード系は得意としています。本雑記ブログでは私の知識や経験を活かし色々なジャンルの役立つ情報を提供していきます。